フィラリア症は危険|フィラリアから愛犬を守るために/キウォフハートの購入

フィラリアから愛犬を守るために/キウォフハートの購入

フィラリア症は危険

黒い薬

フィラリアは寄生虫の一種で、犬糸状虫とも呼ばれています。
その名のとおり、成虫になると糸状の体になり、その長さは30cmほどにまで成長します。
フィラリアの幼虫は蚊を媒体として犬に寄生するのですが、心臓部や肺動脈に寄生してしまうのが非常に厄介なのです。
重要な血管の中で成虫にまで成長されてしまうと、血管を詰まらせてしまう原因になります。
それにより血流が悪くなり、さまざまな症状を引き起こしてしまうのです。
これがフィラリア症と呼ばれているもので、最悪の場合は犬の命までも奪ってしまうのです。

フィラリアの幼虫を宿している蚊を識別することは不可能ですし、外からでは犬に寄生したタイミングも知ることができません。
寄生したことを気づかないまま放置している間にも、症状はどんどん悪化してしまうのです。
突然死んでしまう、というケースも報告されていますので、些細な異変も見逃さないようにしましょう。

突然とは言ってもフィラリア症には初期症状がいくつかあります。
呼吸困難や咳などが特に多く、これらの症状を頻繁に見せるようになったらフィラリア症を疑った方がいいかもしれません。
また、こうした初期症状が出たときにすぐ対処できるよう、治療薬であるキウォフハートは前もって準備しておくのがベストでしょう。
命にも関係しかねない病気ですので、当然治療は早期におこなうべきです。
キウォフハートには予防薬としての効果もあるので、まだ寄生されていなかった場合でもしっかり予防薬として活躍してくれるますよ。